ビュッフェ・クランポン・ベッソン・クルトワ他各種管楽器専門店。安心のリペア常駐【永江楽器】

  • 店舗のご案内

サポート・保証・修理

お買物ヘルプ

お手入れ方法

クラリネット フルート
サックス オーボエ
トランペット トロンボーン
ホルン
  • 選定者の紹介
  • セール・イベント情報
  • 演奏会のお知らせ
  • 永江楽器MAIL MAGAZINE ご登録はこちら
  • 丁寧な検品、安全な梱包
  • 新入荷&おすすめ品
  • facebookはじめました
  • ツイッターもよろしくお願いします!入荷情報もいちはやくご紹介します。
  • 永江楽器スタッフブログ

Shop Bell ウェブショップの入り口に

トップページ > 楽器をはじめよう:クラリネット

柔らかな響き クラリネットを吹こう!

吹奏楽やオーケストラにおいて管楽器の中では主旋律を奏でることも多いクラリネット。柔らかく伸びやかな音色は、明るく軽やかに、そして時には深みを持った響きで演奏をリードします。
吹奏楽の学生さんはもちろん、初心者の方にも比較的取り組みやすい楽器とあって、趣味としても人気が高まっています。

目次

  1. クラリネットの歴史を学びましょう
  2. クラリネットの種類を学びましょう
  3. クラリネットの選び方
  1. クラリネットのメーカーを学びましょう
  2. おすすめのクラリネット
  3. 楽器のお取り扱いについて
  4. マウスピース・リードを学びましょう
  5. よくある御質問

クラリネットの歴史

クラリネットの歴史柔らかい音色で音域が広く、強弱の幅も付け易いクラリネット。吹奏楽はもちろんのこと、オーケストラなどのクラシックやジャズにまで活躍の場を広げています。
そんなクラリネットが今日見られるような形になったのは約170年前と意外に新しく、開発・改良を繰り返されて今日に至ります。
クラリネットの歴史はシャルモーという葦笛(あしぶえ)から始まります。 シャルモーは現在のクラリネット半分程度の大きさで、1オクターブ程しか音域がありませんでした。
クラリネットの歴史を学びましょう

1690年

ニュルンベルクの楽器製作者J.C.ディンナーが、レジスターキィの付いた2鍵式クラリネットを考案し、音域が広がり、管の長さも倍になりました。クラリネットの原形です。

1812年

ドイツのI.ミューラー(奏者)が、どんな調性の曲も1本の楽器で演奏できる13鍵のクラリネットを考案しました。当時としては飛躍的な進歩でした。

1839年

H.クローゼ(奏者)とビュッフェ(楽器メーカー)がベーム式フルートのメカニズムを応用し、ベーム式クラリネットを考案しました。 この楽器は、リングキィや互いに連携したキィシステムを用いることによって、単純でわかりやすい運指と飛躍的な音程の改善を実現しました。 今日、日本を含めた世界中でこの「ベーム式クラリネット」が使用されています。 一方、「エーラー式クラリネット」はI.ミューラーの13鍵式をもとに、ベーム式の長所を取り入れたものですが、ベーム式と運指が異なり、それにより独特な音色を持つことからドイツやオーストリアなどで伝統的に用いられています。

目次に戻る

クラリネットの種類を学びましょう

ソプラニーノクラリネット(E♭クラリネット)

ソプラニーノクラリネット(E♭クラリネット)

B♭クラリネットより4度高い調子のE♭クラリネット(通称:エスクラ)は、その輝かしい音色でバンドになくてはならない存在です。

ソプラノクラリネット(B♭クラリネット Aクラリネット)

ソプラノクラリネット(B♭クラリネット Aクラリネット)

吹奏楽ではオーケストラのヴァイオリンのような役割を持ち、主役といっても過言ではないB♭クラリネット(通称:ベークラ)。その広い音域と豊かな表現力は、あらゆるジャンルで活躍します。クラリネットという場合は、通常B♭クラリネットのことを差します。
学生さんをはじめ、クラリネットといえば、まずはこのB♭クラリネットのことです。
 B♭管より半音低い調子のA管は、落ち着いた音色や運指の都合などから、オーケストラには必需品で、室内楽などで利用されます

アルトクラリネット

アルトクラリネット

吹奏楽や室内楽で多く使用されます。アンサンブルで用いると効果的です。

バスクラリネット

バスクラリネット

B♭クラリネットより1オクターブ低い調子で、厚みのある美しい音色は木管楽器の低音部としてオーケストラや吹奏楽でも大切な存在です。
バスクラリネットは最低音がE♭の”LowE♭”と最低音Cの”LowC”の2種類があります。オーケストラでは、より低い最低音を持つ”Low C”が多用されます。吹奏楽でも、”Low E♭”に加え、最近は”Low C”の人気が高まっています。
ワーグナーのオペラ「ローエングリン」などでも魅力的なソロがたくさん入っており、現在の曲には欠かせないクラリネットです。

コントラアルトクラリネット

コントラアルトクラリネット

吹奏楽や、クラリネットアンサンブルで使われることが多いクラリネットです。

コントラバスクラリネット

コントラバスクラリネット

バスクラリネットより1オクターブ、B♭クラリネットより2オクターブ低い音域を持ち、吹奏楽やクラリネットアンサンブルで活躍します。組み立てた楽器の”身長”は、約170cm程、ステージの上での圧倒的な存在感に目を奪われます。その音色は地から沸き起こるような重低音で、サウンドに厚みと深みを与えます。学校や楽団などの団体での使用に加え、個人で所有される方も増えています。

その他には「A♭クラリネット」、オペラなどでも使われる「Cクラリネット」、「Dクラリネット」、モーツァルトの協奏曲で有名な「バセットホルン」等もあります。

目次に戻る

クラリネットの選び方

価格帯によるグレードの違い

B♭クラリネットでは7万円から90万円位のものまでありますが、価格によって熟練の楽器職人が手がける部分が違い、音質や表現力、楽器の耐久性などに大きな違いがあります。品質的には25〜45万円位のものが主流といえます。
10万円未満のクラリネットは、クラリネットの命ともいうべき本管の部分が合成樹脂で作られています。扱いやすく軽く鳴らせるという利点があり、屋外での演奏やマーチングにも安心してお使い頂けます。その一方で、木管特有の柔らかい音色を出すことは困難です。
10万円以上のクラリネットは、本管はグラナディラ(*1)という木で作られています。その中でも10万円から20万円ぐらいのものは初心者向けに開発されており、鳴りやすく扱いやすい楽器が多いのですが、表現力には限界があり耐久性も良いとはいえません。
 30万円以上のクラリネットは楽器自体の耐久性が高く、音質・表現力ともに上級者でもご満足頂ける性能を備えています。

(*1)グラナディラ
主にアフリカに生息する黒い木材です。非常に硬く変形しにくい素材のため、楽器にはよく使われる素材です。現地の工芸品にもよく使われます。
黒檀とは別の木材です。

楽器の個体差

クラリネットでは、同じメーカーの同じ機種の中でも、若干の個体差が生じます。原材料の木”グラナディラ”が自然のもので、密度や強度に微妙な差があることが一因です。また、楽器の製作過程には職人が手がける部分も多く、その微妙な具合も一本一本の個性となると考えられます。
そんな中から自分に合った楽器を見つける方法としては、複数の楽器を吹き比べるということが挙げられます。ただ初心者の方の場合は、吹き易く鳴り易い楽器を選んでしまいがちですが、トータルのバランスを考えることも必要です。
そこで、プロの演奏家に、癖の少ないより優れた品質の楽器を選んで頂く方法があります。いわゆる”選定品”と呼ばれるのが、プロ奏者により選定された楽器です。日頃から多くの楽器に接する機会を持つプロ奏者は、吹奏感、音色、その楽器の可能性などトータルな見地で楽器を選定して下さいますので、楽器を選ぶ際の大きな指針となります。

目次に戻る

クラリネットのメーカーを学びましょう

クラリネットの主要メーカーでは、フランスのビュッフェ・クランポン、H.セルマー、ルブラン、そして日本のヤマハなどがあります。
今日のクラリネット(ベーム・システム)を生み出したビュッフェ・クランポンは、その伝統の技と革新の技術で、現在も世界中のクラリネット・プレイヤーに愛されています。
ヤマハのクラリネットは、安定した吹奏感と正確な音程が持ち味です。
セルマー は芯のある豊潤な響き、ルブランは柔らかい音色とコストパフォーマンスの高さが魅力です。
ビュッフェ・クランポン
ビュッフェ・クランポン
1825年、ビュッフェ・オージェとその弟ルイ=オーギュスト・ビュッフェがクラリネット専門会社を立ち上げました。その後180年もの間、プロ奏者・上級アマチュアを中心にクラリネットのトップメーカーとして君臨し続けているフランスの木管楽器専門メーカーです。最も低価格の合成樹脂製"B10"から最上級機種の"Tosca"まで、充実した機種構成と、妥協のない物作りに対する真摯な姿勢で、日本でも最も高く評価されているNo.1クラリネットメーカーです。
特にR-13以上の上級機種では、「プロの8割が使用している」 と言われる程、圧倒的な品質の優位性があります。
ヤマハ
ヤマハ
樹脂製の入門機種”YCL-250”から、プロ奏者の愛用する最上級機種”イデアル”まで、幅広いラインナップを誇ります。安定した音程、バランスも優れています。暖かくふくよかな音色とパワフルな響きを兼ね備える”SE-Vmaster”も人気機種です。
H.セルマー
H.セルマー
クラリネットが大きな進化を遂げた19世紀後半のパリで活躍したのが、セルマー社の礎となるヘンリー(アンリ)・セルマーでした。その流れを受け継ぐH.セルマー社のクラリネットは、コンパクトに計算されたメカニズム、豊潤な響きを持つ”オデッセイ””アルテア”などの機種を揃え、世界のトッププロらにも愛用されています。

目次に戻る

おすすめのクラリネット

演奏される方のご経験や目的によって、おすすめは様々ですので、
ここでは、最も人気が高いビュッフェ・クランポン社のB♭クラリネットの代表的機種についてご説明させて頂きます。

ごく簡単に申し上げますと、初心者〜中級者の方には、E-12F、E-13が人気です。
少しご経験のある中級者〜上級者の方には、R-13、RCが人気です。
学生さんの場合は、学校によって楽器の好みもあるようですので、先生や先輩に相談され、先輩方の楽器も参考にされると良いと思います。
更に、Festival、Vintage、Prestige、Toscaは、響きの美しさやコントロールのつけ易さなどを吟味する上級者の方にお薦めの楽器です。

おすすめのクラリネット

Tosca Festival Prestige Vintage RC R-13 E-13 E-12F B-10
B-12 ABS樹脂製(プラスティック)の、俗に言うプラ管です。
初心者の方でも音出しが容易で、 割れの心配がありません。
マーチングや屋外での使用に便利で、小学校の備品などにも適しています。
一方で、これからクラリネットをはじめよう!という方にはやはり木製がお薦めです。
E-12F クランポンが初級者さんのために開発した機種です。
吹きやすく鳴らしやすい、高音から低音まで音のつながりが非常に良く、
今までの初級機種とは一線を画す楽器となっています。
小中学校で吹奏楽部に入部された方や、趣味でクラリネットに挑戦される一般の方にも人気です。
E-13 適度な吹奏感、 響きを持ち、コストパフォーマンスの高い人気機種。
上位機種にも引けを取らない設計と伸びやかな音色で、中学生の人気No.1機種です。
R-13に比べ音量や響きは敵いませんが、軽めに鳴らせるのが一番の特徴です。
R-13 入門機種に比べると抵抗感が増し、響きも一段と豊かになります。
柔らかく明るい音色は吹奏楽の花形、中学・高校生に圧倒的人気の定番です。
完成された性能と柔らかな響き、味わいを増しながら永くご愛用頂ける楽器です。
RC 深みのある音色・バランスの良さで、R-13と並んで人気の高い機種。
吹き心地も素晴らしく、大人の方にも人気があります。

入門機種から中級・上級機種になるにつれて、抵抗感(息の入り易さ)は徐々に増しますが、ここまでの機種は、初心者の方でも十分にお使い頂けます。
これ以上の上級機種は、奏者のお好みによる部分も大きくなります。

Vintage 伝統の技術に斬新なアイディア・技術を採り入れた、優れたバランスを持つ機種。
息の通り、音抜けがよくスムーズに演奏して頂ける機種。即戦力として期待でき、
週一プレイヤーにも優しい楽器です。
Prestige 上質の材料、伝統の技術から生まれる深みのある音色と吹奏感、RC系統の上位機種です。
Festivalと並んで上級者の方に人気があります。
Festival 柔軟性と均一性を兼ね備えた楽器として、上級者に高い人気を持ち続けています。
高いレベルの快適でコントロールに応える吹奏感、伸びやかに響く音色、
上級者憧れの楽器であることは現在も変わりません。
当店でも常に高い支持を頂いています。
Tosca クランポンが開発した現在の最上級機種。最高レベルの音色・バランス、
奏者のための新しいキーフォルムなど、個性的で画期的な楽器。
パワフルでよく響く音色は、従来の楽器と一線を画し、発表以来多くの奏者を惹きつけてやみません。
また特殊樹脂を配合した新素材グリーンラインの"Tosca GL"は、楽器と素材の相性が良いとされ、グラナディラ製Toscaと並んで最高の評価を受けており、多くのプロ奏者が愛用しています。
クラリネット 機種一覧  ビュッフェ・クランポンの代表的な機種のご紹介
レベル別楽器のご案内

目次に戻る

楽器のお取り扱いについて

楽器は弊社リペア(修理技術担当)にて、入念に検品・調整を行いました上で出荷させて頂きますので、ご安心頂けます。新しい楽器のお取扱について、いくつかご注意頂く点がございます。

クラリネットは天然木材を原料としておりますため、管体の"割れ"を防ぐため、
ご使用当初は長時間の演奏を避け、こまめにスワブを通して水分を除去して下さい。
当初は30分程度までを目安にして頂き、徐々に時間を延ばしてお使い頂ければと存じます。
寒さで楽器が冷えた場合などは急激に吹くことをせず、手で楽器を暖めてから吹くなどの配慮をしましょう。温度や湿度の急激な変化は楽器に負担となりますので、なるべく避けて下さい。割れは、きちんと水分を除去し楽器の負担を減らすことで予防できます。
"割れ"に対する保証はメーカーにより異なり、ご購入後1ヶ月から1年です。

万一、ひび割れの症状が出てしまっても、メーカーにて修理が可能です。(保証期間後は有償となります)割れに気づいた場合は、お早めに御連絡下さい。
また、温度や湿度の変化によりジョイント部分のコルクや木が伸縮し、組立の際のきつさも変化します。コルクグリスを多めに塗って頂けますと扱いが比較的楽になります。 それでも支障のある場合は、無理な使用をせず楽器店リペアに調整してもらいましょう。
 楽器の組み立ての際は、キイを強く握らないように注意しましょう。特に長いキイは曲がりやすいので注意して下さい。音が出にくい場合の最も多い原因がキイ曲がりです。無理な力がかからないよう楽器は大切に扱いましょう。

目次に戻る

マウスピース・リードを学びましょう

マウスピースとリード

 楽器本体と並んで大切なのが、息の入り口となるマウスピースと、息の振動を楽器に伝えるリードです。
 マウスピースはバンドレンが定番とされ、多くのモデルが発売されています。5RV5RV Lyreは入門者から上級者まで最も多く愛用されていて、他のモデルと比較する上でも基本とされるマウスピースです。
ビュッフェ・クランポンのマウスピースは楽器と合わせたトータルのバランスに優れています。中でもバレルとの接合部にメタルリングの付いたシリーズは、自然な吹奏感ながら力強い響きを生み出します。
マウスピースを変えると吹奏感ががらっと変わることもあります。奏者に合ったマウスピースは自然な吹奏感での演奏を可能にしてくれます。自分に合うマウスピースを探し、見つけるのも楽しみのひとつかもしれません。
 リードは多くの種類が販売されています。主要なメーカーには、バンドレン、リコ、マーカ、ゴンザレスなどがあります。どのメーカーも原材料であるケーン(葦)の材質からこだわり、均一性の高いリードの開発に力を注いでいます。
リードには”硬さ”が何段階かあります。初心者の方は柔らかめで息の入り易い”2・1/2”から始める場合が多く、慣れたところで”3”や”3・1/2”を使います。リードが硬めになると抵抗感が増し、芯のある音、奏者による微妙なコントロールで演奏の幅が広がります。

目次に戻る

よくある御質問

Q. 吹奏楽部で演奏しています。自分の楽器が欲しいのですが、どの機種が良いのでしょうか。

A. クランポンの楽器を例にしますと、中学生ではE-13からR-13、高校生ではR-13が最も人気の高い機種です。
E-13は、適度な吹奏感と明るいクラリネットらしい音色を持ち、2年3年と技術を磨き吹き慣れていった場合にも不足を感じることなくお使い頂けます。
R-13は日本では圧倒的な人気を誇り、適度な抵抗感を持ち柔軟なコントロールに応え、柔らか味のある伸びやかな音色を備えています。プロも愛用する程の高い品質を備え、永くつきあっていく楽器として安心してお使い頂けます。
学校の吹奏楽部の場合、先輩がどういった楽器を使っているかも参考になります。また熱心な学校ですと機種を統一している場合もありますので、先生や先輩のご意見も参考にされると良いでしょう。

Q. 音が出にくい部分があります。

A. 初心者の方の場合、指がきちんと塞がっていない場合があります。または、キイが少し曲がってしまい押さえた時にも少しだけタンポが浮いていることなどが考えられます。

Q. キーキーと高い音が出ます。

A. リードミスという状態が考えられます。
リードの取付位置をもう一度確認しましょう。また、リードを下唇で押さえすぎている場合もあるので、一度口元をリラックスしてみましょう。

Q. ジョイントがきつく(緩く)なってしまいました。

A. 楽器のジョイント部分は、出荷時には最適の状態に調整しておりますが、長くお使い頂く内に磨耗して緩くなってくることがあります。
また逆に、湿度の高い季節や演奏直後で楽器が膨張している時には、ジョイントがきつくなって抜けにくくなることがあります。コルクグリスをジョイント部の両方に多めに塗って頂くと扱い易くなります。それでも支障のある場合は、無理な組立をせず、楽器修理の専門技術者に調整してもらいましょう。

Q. 演奏中にトーンホール(音孔)から水が出てきます。

A. 楽器の中にたまった水分が流れてくることがあります。
楽器内部のいつも同じところを水分が通ると、そこに路ができ、特定の箇所に水分が集まってしまうようになります。演奏中もこまめにスワブを通して水分を取り除きましょう。


世界で圧倒的シェアNo.1クラリネットメーカー ビュッフェ・クランポン・クラリネット特別選定品


目次に戻る