ビュッフェ・クランポン・ベッソン・クルトワ他各種管楽器専門店。安心のリペア常駐【永江楽器】

  • 店舗のご案内

サポート・保証・修理

お買物ヘルプ

お手入れ方法

クラリネット フルート
サックス オーボエ
トランペット トロンボーン
ホルン
  • 選定者の紹介
  • セール・イベント情報
  • 演奏会のお知らせ
  • 永江楽器MAIL MAGAZINE ご登録はこちら
  • 丁寧な検品、安全な梱包
  • 新入荷&おすすめ品
  • facebookはじめました
  • ツイッターもよろしくお願いします!入荷情報もいちはやくご紹介します。
  • 永江楽器スタッフブログ

Shop Bell ウェブショップの入り口に

トップページ > 楽器をはじめよう:トロンボーン

トロンボーンを吹いてみよう

人の肉声に一番近いといわれるトロンボーンの音色。
街角に流れる音楽で、テレビのCMで、映画のエンドロールで、きっと耳にしているはずです。
トロンボーンは、吹奏楽はもちろん、オーケストラ、ビッグバンド、ジャズコンボ、ボサノバ、ラテン、スカ、ポップスと活躍の場は多岐にわたっています。
トロンボーンさえ手にすれば、どんな音楽へも飛び込んでいける!そんな活用性の高い楽器です。あなたもトロンボーンで、世界を拡げてみませんか?

目次

  1. トロンボーンの歴史を学びましょう
  2. トロンボーンの種類を学びましょう
  3. トロンボーンの構造を学びましょう
  4. トロンボーンのメーカーを学びましょう
  1. おすすめのトロンボーン
  2. マウスピースを学びましょう
  3. さあ、始めてみましょう!
  4. よくある御質問

トロンボーンの歴史を学びましょう

まずは簡単にトロンボーンの歴史について学びましょう。

起源は15世紀頃までにさかのぼります。スライドの付いたトランペットを改良したものがはじまりとされており、当初は「サックバット」という名前でした。

サックバット

トロンボーンは、管楽器の中では唯一古くからの形をそのまま留めている楽器です。その柔らかく包みこむような響き、厳かな雰囲気をもつ音色は、「神の声」とも呼ばれ、ルネサンス、そしてバロック時代にかけて、教会での宗教音楽や、宮廷の儀式等で長く使用されていました。
ドイツでは現在でもその名残を受け、宗教曲を専門とした、トロンボーンのみで編成された楽隊があります。

19世紀にはいると、多くのロマン派の作曲家たちによって、交響曲等に効果的に用いられ、荘厳な響きのハーモニーはもちろん、力強く圧倒的なフォルテシモから、静寂な場面でのピアニシモまで、多彩な表現力を発揮する楽器として、オーケストラで活躍するようになります。
オーケストラの中では、主にハーモニーの構成や、ファンファーレのような華やかな場面の演出、また元来宗教色が強かったせいか、曲中の非常に重要な位置でコラール等の大事な役割を与えられることがあります。
20世紀初頭、アメリカでニューオリンズ・ジャズが発祥し、トロンボーンはさらなる可能性を開花させます。

6〜7人編成で即興演奏(アドリブ)を重視したスタイルのディキシーランド・ジャズを経て、1930年代〜40年代、スウィングジャズが流行します。
トロンボーンは、大人数編成でのビッグバンド・ジャズには欠かせない花形楽器となり、自らもトロンボーン・プレイヤーであったグレン・ミラーは、スウィングジャズ時代にグレン・ミラー・オーケストラを結成し、「イン.ザ.ムード」や「ムーンライト・セレナーデ」等、数多くの名曲を残しました。

1950年以降のモダンジャズ、ビバップスタイルの台頭により、サックスやトランペットがムーブメントの中心となりますが、同時期を席巻したJ.J.ジョンソン、カーティス・フラー等、スピード感溢れる軽快なアドリブを鳴らすことのできる楽器として進化を遂げます。

その後、1950年代にブラジルで生まれたボサノバや、中南米のラテン音楽等を取り入れたラテン・ジャズ、フュージョン、ジャズ・ファンク等、ジャズの発展ともに幅広いジャンルで使用されています。
特にラテン・ジャズやボサノバは、トロンボーンの甘い音色と、魅力の奥深さが全面に発揮される音楽です。また、東京スカパラダイスオーケストラ等に代表される、スカのジャンルでも活躍の場があります。
忘れてはならないのが吹奏楽ですが、吹奏楽の中では、ハーモニーや、ダイナミクス(強弱)のコントロールが重点的に求められ、また主旋律のうしろでリズムを刻む等、いわゆる裏方的な動きも多いのですが、トランペットとともに、輝かしい音色でバンドに華を添える役割をもった、とても「良いとこ取り」的な存在となっています。

目次に戻る

トロンボーンの種類を学びましょう

アルトトロンボーン

アルトトロンボーン

テナートロンボーンよりも管の長さが短いE♭管で、高音域を出せるトロンボーンです。バロック時代に、宗教曲や合唱のアルト声部を演奏するために作られ、現在でも、古典派の管弦楽曲で使用されることがあります。

テナートロンボーン

テナートロンボーン

もっともスタンダードな形のトロンボーン。約400年前からほぼ同じ構造を維持しています。B♭を基調とし、ボア(管の内径)サイズに、「細管」、「太管」、「中細管」があります。
低音域に制限があるため、吹奏楽やオーケストラではあまり使われなくなっていますが、吹きやすく、肺活量の少ない初心者でも楽に鳴らすことが出来ます。
また、ハイノート(高音)を操るジャズの演奏で使用されることも多い楽器です。

テナーバストロンボーン

テナーバストロンボーン

テナートロンボーンに、ロータリーバルブを取り付け、F管との切り替えができるトロンボーンです。レバーを押すと、B♭管からF管に変わります。
19世紀末頃に発明され、低音域、また第7ポジションの操作性をカバーする楽器として、現在は主流となっています。
バルブ機構にはさまざまなタイプがあり、ロータリーバルブ、セイヤーバルブ、ハグマンバルブ、ヤマハが開発したVバルブ等があります。

バストロンボーン

バストロンボーン

ボアサイズ、ベルサイズともに大きく、ベースラインを担当する楽器です。テナートロンボーンに、F管と、E♭管もしくはD管等のバルブが追加され、ふたつのロータリー直列に並べた「インライン・タイプ」が多く普及しています。
このほか、テナーバスと同様にひとつのロータリーをもつものや、F管の回路の中にさらにロータリーを追加した「オフセット・タイプ」等があります。
音色は暗めで、深みのあるサウンドが特徴です。

目次に戻る

構造を学びましょう

各部の名称

まずは、トロンボーンの仕組みを学びましょう。
構造

素材

トロンボーンにはどのような金属が使われているかみてみましょう。
主な金属は、真鍮(銅と亜鉛の合金)ですが、ベルや抜差し管に用いる部分は、混ぜる金属の割合によって音色の種類を変えています。
基本的に、銅の割合が増えるほど音に柔らかさが増し、温かみのある音色になりますが、コントロールにパワーを必要とします。

■イエローブラス

銅70% 亜鉛30%
一番目にすることの多い素材です。管体、抜差し管、スライド管、ベルに用いられます。
明るく、軽やかで輝かしい音色をもっています。

■ゴールドブラス

銅85% 亜鉛15%
マウスパイプや、ベル、抜差管等に用いられます。ややオレンジがかった色をしていて、柔らかく力強い音を生みます。

■ローズブラス

銅90% 亜鉛10%
主にベルに用いられます。ピンクに近い色で、柔らかく暖かみのある音。パワーがあり、奥行きのある深い響きを出すことが出来ます。

■レッドブラス

銅98% 亜鉛2%
主にベルに用いられます。音色は柔らかく、どっしりとした響きになります。
ほぼ銅100%に近いレッドブラスは「赤ベル」「コパーベル」等と呼ばれることがあります。呼び方は国によってことなり、銅90%以上のものを「レッドブラス」と呼ぶ場合もあります。

■スターリングシルバー

銀92.5% 銅ほか7.5%
フルート等で使われますが、トロンボーンのベルに用いられる場合もあります。
深みのある繊細な音ですが、響き、反応ともに素晴らしく、音色に落ち着きをあたえます。

■ニッケルシルバー

銅+亜鉛にニッケルを混ぜたものがニッケルシルバーです。洋白、洋銀とも言います。加工性・耐久性に富む金属で、フルートやクラリネットのキイに使われていますが、トロンボーンでは、主にスライド内管の素材に使われています。外管に用いられる場合もあります。

表面仕上げ

表面仕上げの種類もさまざまです。サビや腐食を防ぐため、管体にはラッカー塗装や、マウスピース等にはメッキが施されています。表面処理によっても、音色に若干影響がでます。

■クリアラッカー

トロンボーンにとってはもっとも一般的な塗装で、色のついていない透明なラッカーです。楽器にかかる影響が少ないので、抵抗感が比較的少なく、コントロールしやすいのが特徴です。

■ゴールドラッカー

色がついたラッカーです。ゴールドブラスに似た色になります。
ヤマハのカスタムサックスや、最近ではヤマハの中川英二郎モデルに用いられています。

■ゴールドプレート

金メッキのことです。銀メッキより柔らかく輝かしい音色、豊かな響きになります。

■シルバープレート

銀メッキのことです。芯のある、明るめな音色です。

■ニッケルメッキ

ニッケルは丈夫で錆びにくい性質を持った金属なので、手で持つ部分や、剥げやすい箇所に使われます。

■クロムメッキ

インナースライドの表面処理に使われます。

目次に戻る

メーカーを学びましょう

ヨーロッパの金管楽器専門メーカーをはじめ、アメリカ、日本、中国等、多くのメーカーでトロンボーンは作られています。ここでは主に代表的なメーカーを紹介します。

クルトワ
クルトワ
世界的なトロンボーン奏者ミシェル・ベッケ氏が愛用しており、金管楽器ではもっとも古い歴史をもった老舗ブランドです。日本にはあまり浸透していませんが、パリのオペラ座管弦楽団や、オランダのロイヤルコンセルヘボウ等、ヨーロッパのオーケストラやトッププレイヤーからも非常に高い評価を得ています。
バック
バック
トランペットとの二台巨頭を構えるアメリカのメーカーです。
太く、パワフルな響きと、深みのあるその音色は多くの奏者を魅了し、プロアマ問わず愛用者がいます。また種類豊富なマウスピースも人気です。
コーン
コーン
アメリカの管楽器メーカーですが、輪郭のはっきりした輝かしい音色は、ヨーロッパの奏者からも支持が厚く、国や地域を越え世界中で人気の高いメーカーです。
現代の名手、クリスチャン・リンドバーグ氏もコーンを愛用しています。
キング
キング
アメリカのメーカーで、中でもテナートロンボーンは、ジャズトロンボーンの定番といってようでしょう。日本のプレイヤーでは、中路英明氏や、片岡雄三氏らも愛用しています。ハイノートで素晴らしいポテンシャルを発揮してくれます。
XO
XO
株式会社グローバルが研究・開発に携わり、トランペットを中心にそのクオリティの高さによって近年人気の高まっているメーカーです。
トロンボーンはセイヤーバルブを搭載し、数種類のマウスパイプが付属したりと、自分に合った音色を追求できる楽器に仕上がっています。
ヤマハ
ヤマハ
いわずと知れた日本の管楽器メーカーです。つくりが均一でバラつきが少なく、音程が良いのが特徴です。ランクごとに非常に多くの機種が作られているので、ぴったりの楽器を見つけることが出来るでしょう。
このほか、レッチェや、タイン等、ドイツ製のトロンボーンも国内に流通しています。ドイツ式トロンボーンは、やや大きめのベルをもつ太い音色が特徴で、殆どすべて受注生産で作られています。オーダーをした奏者に合わせて作られる為、一本一本に差があります。独特な外観とドイツらしい鋭い響きが魅力です。日本国内でも一部のプロ奏者が使っています。

目次に戻る

おすすめトロンボーン

弊社イチオシのクルトワから4機種を紹介します!

クルトワ AC420MBR-1

クルトワ AC420MBR-1

ローズブラスで、トラディショナルラップ&ライトウェイトスライド。吹きやすさとしっかりとした音色のバランスの良い楽器です。柔らかな音色が人気で、ジャズ、ポップス、クラシックと、幅広いジャンルでお使いいただけます。

内容 クルトワ テナーバストロンボーン AC420MBR-1
○付属ケース
○付属お手入れ用品
特別販売価格 ¥288,000 (標準価格 ¥360,150)

クルトワ AC440BR-1

クルトワ AC440BR-1

レッドブラスベルから生まれる柔らかな美しい音色は絶品!大変吹きやすく、学生さんから一般の方まで一番のおすすめ機種。

内容 クルトワ テナーバストロンボーン AC440BR-1
○付属ケース
○付属お手入れ用品
特別販売価格 ¥302,000 (標準価格 ¥378,000)

クルトワ AC420MBOST-1

クルトワ AC420MBOST-1

通称ベッケモデル。ベルにスターリングシルバーを使用しています。柔らかく包み込むような音、ふくよかで豊かな響き、これを手にすれば極上の音色を得ることができます。
抵抗感は決して強すぎず息の通りもスムーズで、とても心地よい吹奏感の楽器です。

内容 クルトワ テナーバストロンボーン AC420MBOST-1
○付属ケース
○付属お手入れ用品
特別販売価格 ¥420,000 (標準価格 ¥525,000)

クルトワ AC410-1

クルトワ AC410-1

各所に伝統的な赴きを残した、ジル・ミリエールモデルです。
主管のレゾナント・プレートや、ヘビーウェイトスライドにより、吹きこなすのには若干パワーがいりますが、他の追随を許さない圧倒的な響きと太くはっきりとした音色は、重厚感のあるハーモニーを生み出します。
普通のトロンボーンでは満足できない、こだわりの一本をお求めの方に是非お薦めしたい楽器です。

内容 クルトワ テナーバストロンボーン AC410-1
○付属ケース
○付属お手入れ用品
特別販売価格 ¥302,000 (標準価格 ¥378,000)

目次に戻る

マウスピースを学びましょう

マウスピースの構造

マウスピースの構造体の大きさが人それぞれ違うように、マウスピースも千差万別です。唇の大きさ、厚さ、歯並び、肺活量、また使用する楽器等によって、相性の合うマウスピースは違ってきます。
ここでは商品説明にも登場する用語を簡単に説明します。

■リム形状

・リムの表面が丸いものは、音が柔らかくなり、柔軟性があります。
・リムの表面が平らなものは、音が明るくなり、輪郭がはっきりとします。

■リム幅

狭いものは、より広い音域での柔軟性をえることができます。
広いものは、アンブシュアが安定し、高音域での安定を得られます。

■カップ直径

口に当てて、大きい、小さい、と感じることの出来る部分です。
小さいと、少ない力で鳴らすことが出来、高音域のコントロールを助けます。
大きいと、より息の量を必要としますが、低音域のコントロールを助けます。

■カップ形状

円錐状の「Vカップ」と、球状の「Uカップ」というタイプがあります。
Uカップ …ヨーロピアンタイプ。明るく、やや鋭さのある音色。
Vカップ …アメリカンタイプ。音量豊かで、太い音。深みのある音色。

■カップ深さ

カップの深さはA、B、Cや、M、L等のアルファベットで表示されます。
浅いものは、反応が早く、音色が明るめになります。
深いものは、音量が増し、音色が暗めになります。

■スロート

マウスピースで一番細い部分がスロートです。
大きいと、全体的に音量が増します。高音域が鋭い音になります。
小さいと、高音域が出しやすくなります。低音域が鋭い音になります。

■バックボア

リム、カップ形状、スロートとのバランス、楽器とのバランスが大事な部分です。
小さすぎると、高音が響きにくくなります。
大きすぎると、疲労が早くなります。

マウスピースの選び方

■初心者におすすめのマウスピース

まったく金管楽器の経験がない、という方には、カップが小さめで吹きやすいものがお薦めです。
・バック 6・1/2A、12C
・ヤマハ 48  等

■中級者におすすめのマウスピース

ある程度吹けるようになって、唇や口の周りの筋肉が安定してきたら、ちょっと大きいマウスピースも試してみましょう。より音域を広げたい方、音のクオリティを高めたい方に。
・シルキー 51
・デニスウィック Heritage 5ABL 等

■上級者向けのマウスピース

もっと吹奏感や音色を追及したい!という方には、より精巧で、丁寧に作られたマウスピースをお薦めします。
・ハモンドデザイン 12ML
・シルキー シンフォニーシリーズ D5.1* 等
 

目次に戻る

さあ!吹いてみましょう!

詳しい奏法やテクニックは教本にお任せして、まず音を出すまでのところを説明します。 音を出す前に、トロンボーンを演奏する上で、とっても大事な要素が三つあります。

ブレス

トロンボーンは大量の息を必要とします。体に余計な負担をかけない為にも、正しい「呼吸法」を身に付けることが上達への近道です。

1.足は肩幅ほど開き、リラックスして立ちます。
2.左手をおなかの上へ、右手を腰のうしろに当てます。
3.最初に息を吐き出してから、たっぷりと息を吸います。
4.息が体に入っていくと同時に、おなかや腰が膨れるのを意識してください。
5. 吸いきったところで、ゆっくりと息を吐き出します。おなか、腰のふくらみをキープさせながら、ゆっくりと元に戻していきます。
以上が、基本の呼吸法、いわゆる「腹式呼吸」です。

重要なポイントは、「息の吐き方」です!
たくさん息を吸う事も大事ですが、「肺に入った息を、おなかで支えている」ということを忘れないでください。
ただし、体を緊張させてはいけません。必要以上に力を入れると、腰を痛めてしまいます。
おなかの筋肉は柔軟にして、風船のように、膨らます、元に戻す、を繰り返します。

アンブシュア

全ての金管奏者にとって、もっとも大事な要素のひとつ、アンブシュアとは、楽器を吹くときの、口とそのまわりの筋肉の形です。音色のよしあしを決定します。
自然な笑顔のときのように、口の周りにしわができ、あごは適度に張られた状態にします。
絶対あごに「うめぼし」を作ってはいけません。
慣れないうちは、鏡を見ながら練習するとよいでしょう。

ソルフェージュ

ソルフェージュとは、頭の中で出したい音をしっかりとイメージし、鳴らすことです。
トロンボーンの音色や奏法は、管楽器の中でもっとも声楽に近く、演奏するときも「歌う」ことを十分に意識することが肝心です。

それでは音を出してみましょう

1. まずはマウスピースだけで吹いてみましょう。

マウスピースを口に当て、ほほ笑むようにして、唇の端を上に持ち上げます。
ほんの少しだけマウスピースを押し当てて、息を吹き込みます。
「ブー」と音が鳴ればオーケー。ピアノやチューナーで音を出しながら、それに音程を合わせて鳴らすと効果的です。
マウスピースは、上唇を2/3、下唇を1/3の割合で当てるのがよいとされています。唇がスムーズに振動する位置を探してみてください。

2. 次に楽器を組み立てて、マウスピースを装着し、スライドは全てしまった状態で吹いてみましょう。

楽器の組み立て方はこちらをご覧ください。
B♭(シ♭)か、F(ファ)の音を出してみましょう。「倍音」といって、同じスライドポジションで何個もの音が出るので、さらに上のD(レ)やA(ラ)が出るかもしれません。マウスピースだけ吹いたときの要領で、息を吹き込みます。

3. 音が出たら、息を入れたまま、スライドを抜いてみてください。

音程がゆるやかに下がっていき、トロンボーン独特のあの音が「ぱ〜お」と出るはずです。
「グリッサンド」といいます。このようにしてトロンボーンは音を変えます。
あとは、スライドのポジションを覚えれば、曲が吹けるようになります。
曲を吹くときにグリッサンドはあまり使いません。音の切り替わりがなめらかになるよう、練習しましょう。
教本などもたくさん出ているので、はじめて楽器を吹く場合は目を通すとよいでしょう。
また、教室に通って正しい奏法を習うのもおすすめです。
自分で聞えている音と、周りに聞えている音は微妙に違うので、上達するには誰かに聞いてもらうことが大切です。

目次に戻る

よくある質問

よく頂く質問を紹介します。
Q. トロンボーンを始めてみたいのですが、どのメーカー・機種が良いのかよくわかりません。

A. 長く続くか不安のお客様には、ヤマハの「YSL-456」(テナー・バストロンボーン)や、キングの「606CL」(テナー)などをおすすめしています。
低価格ながら、しっかりとした作りで、安心してお使いいただけるモデルです。
この先も長く同じ楽器で、とお考えのお客様には、販売価格20万円以上のものがおすすめです。

Q. 管楽器はお手入れが大変そうだけど?

A. 基本的には、演奏後、ウォーターキイから水を出し、時間があればスワブを通すなどして、管体の中の水分を取り除き、クロスで指紋などを拭き取ってもらえれば大丈夫です。
詳しくは、「トロンボーンお手入れ方法」をご覧ください。

Q. 調整はどのくらいの頻度で出せばいいの?

A. 基本的に、一年に一回ほどのペースで点検に出してください。
必要に応じて、ロータリーの調整や、スライド調整、凹み直し等を行います。

Q. 体が小さくても吹けますか?

A. もちろんです。プロの奏者でも、体が大きくない方もいますし、女性もいます。
自分に合った楽器を使うこと、体の使い方、筋肉の使い方のコツさえつかんでしまえば、意識しなくても自然に吹けるようになります。

Q. 大きくて.重そうだけど、持ち運びはラクではない?

A. 楽器にはハードケースが付属しますが、普段の移動に便利な軽量のパックケースやソフトケースも出ています。
またリュック式のものや、肩にかかる負担を軽くするクッション付ストラップもありますので、お試し頂ければと思います。

Q. 練習はどこですればいいの?

A. 練習場所は、川原など野外もおすすめしたいところですが(音量が増し、音質も向上します)、時間的にも場所的にも難しいですね。
家の中でも練習したい、という方には、練習用のミュートが最適です。弊社では、ベストブラスのミュートをおすすめしています。

今後も随時役立つ情報を更新してまいります。
お楽しみに!

目次に戻る