ビュッフェ・クランポン・ベッソン・ヤマハ他 管楽器専門店永江楽器

  • 店舗のご案内
  • 新入荷&おすすめ品
  • わからないことはお気軽に お問い合わせフォームへ

サポート・保証・修理

お買物ヘルプ

お手入れ方法

クラリネット フルート
サックス オーボエ
トランペット トロンボーン
ホルン
  • 選定者の紹介
  • セール・イベント情報
  • 演奏会のお知らせ
  • 永江楽器MAIL MAGAZINE ご登録はこちら
  • 丁寧な検品、安全な梱包
  • facebookはじめました
  • ツイッターもよろしくお願いします!入荷情報もいちはやくご紹介します。
  • Instagram
  • 永江楽器スタッフブログ

Shop Bell ウェブショップの入り口に

トップページ > お手入れ方法:クラリネット

お手入れ方法〜クラリネット

メンテナンス用具楽器を組み立てましょう楽器を片付けましょう楽器が割れてしまったら

メンテナンス用具

基本メンテナンス用具 クリーニングスワブやガーゼ等、最もスタンダードなお手入れ用品一式。

こだわりメンテナンス用具 管内の水分を一気に除去する”シルクスワブ”や、浸透性の高いレカキーオイル等それぞれの機能に特化したケア用品をまとめてみました。

さらにオススメ!

ページの先頭へ

楽器を組み立てましょう(演奏前の準備)


1.上管とバレルを組み立てましょう

長いキィは強く握りすぎないよう持ち方に気をつけて下さい。組立てがきつい場合は、コルク部分に少量のコルクグリスを塗ります。

2.ベルと下管を組み立てましょう

先に下管にベルを取り付けます。この時、下管の長いキィは強く握らないで下さい。ベルをひねり回しながら、ロゴマークの位置を下管に合わせましょう。

3.上管と下管を組み立てましょう

右手でベルの結合部を、左手で上管を持ち、連結キィがぶつからないよう注意しながら差し込みます。左手リングキィ(上下管の連結キィ)を押さえ、キィを上げた状態で差し込んで下さい。上下のラインが揃うように組み立てます。

ページの先頭へ

楽器を片付けましょう(演奏後の手入れ)

1.管内の水分を除去しましょう。
管体内にクリーニングスワブ(Mサイズ・またはクラリネット用)を通して、管内の水分を除去します。演奏中も5分〜10分に一度、行いましょう。※水分をそのまま放置してしまうと、管体が膨張し表面にひび割れを起こしてしまいます。

通し方は「上から下」又は「下から上」へ常に同じ方向に通すと、息の流れがスムーズになり、 水分の流れも一定になり、楽器が安定します。 下から上の場合は、円突部のひっかかりにお気をつけ下さい。
 
おすすめアイテム 基本 「クランポン オリジナルスワブ」「バンドレン クリーニングスワブ」
こだわり 「BG クリーニングスワブ」
2.ジョイント部の水分も除去しましょう
ジョイント部分の内側は特に水分が溜まりやすく、ひび割れを起こす原因にもなるので、ガーゼで念入りに水分を拭き取ります。

バレルも意外と割れの多い箇所ですので、入念に行って下さい。BGのケアクロスも有効です。
 
おすすめアイテム 基本 「ヤマハ ポリシングガーゼ(S)」
こだわり 「BG ケアクロス A62」
3.タンポの水分も完全に除去しましょう
トーンホールの水分は、クリーニングペーパーを使いましょう。 トーンホールとキィパッドの隙間にペーパーを入れて、キィを動かしながら水分を除去します。 その際、キィを閉じた状態にしたままペーパーを引っ張ることはお止め下さい。タンポが痛む原因になります。

クリーニングペーパーの他には、BGのパッドドライを使うと素早く水分を吸収し、また繰り返し使うことができます。 水分が残っているとタンポの寿命を縮めると同時に、ひび割れの原因になることもあります。
 
おすすめアイテム 基本 「ギャラックス クリーンペーパー」
こだわり 「BG パッドドライ(クラリネット用) A65U」
4.キィをきれいにしましょう
キィに付着した指紋や汗は、キィの変色やくすみの原因となります。柔らかいクロスで、拭き取りましょう。 サイズは手のひらより少し大きいものがおすすめです。 木の部分を強く磨くと、艶がなくなったり、ロゴが剥げてしまうことがありますので、やさしく拭きましょう。

キィ表面の黒ずみが落ちない時は、銀磨き用のポリッシュやクロスを用いるときれいになります。 その際は、磨き過ぎに注意して下さい。
キィの隙間にあるホコリは、綿棒や、筆、またはトーンホールクリーナーを折り曲げて使うと便利です。
 
おすすめアイテム 基本 「クランポン クリーニングクロス」
こだわり 「バズ シルバークリーナー」 「アンクルビル シルバークロス」
5.マウスピースの水分を除去しましょう
クリーニングスワブ(S)を使い、内側の水分や汚れを取り除きます。この時、マウスピースの先端を傷つけないよう注意。コルク側からスワブを通して下さい。
マウスピースの消耗を防ぐため、スワブを通す時は、そーっとゆっくり、やさしく取り扱いましょう。

スワブを通すことに抵抗がある場合は、さっと水洗いをしてから乾燥させるか、ウェットティッシュなどでやさしく拭いてケアするのも良いと思います。ケースにしまう際は、先端が傷つかないようキャップを付けて収納しましょう。
 
おすすめアイテム 基本 「ヤマハ クリーニングスワブS」「ギャラックス B♭クラリネットリガチャーキャップ」
こだわり 「BG マウスピーススワブ A31」「シルバースタイン オムニキャップ」
6.キィにオイルを差しましょう (必要な場合のみ)
キィがカチカチ音を出した場合は、キィの軸受部にキィオイルを少量差します。 管体表面にオイルがついてしまった場合は、きちんと拭き取って下さい。

差しすぎは逆に錆の原因となる場合がありますので、注意しましょう。 定期調整に出して頂くと、専門のリペアマンが各必要箇所にオイルを差しますので、基本的には差さなくても大丈夫です。
 
おすすめアイテム 基本 「ヘットマン ミディアムキーオイル」「ヤマハ キィオイル M又はL」
こだわり 「レカ キィオイル」「スーパースリック キー&ローターオイル」
7.楽器をケースにしまいましょう
管内の水分をしっかり除去し、キィの汚れをきれいにしたら、ケースに収納します。

ケース内の湿度を一定にするケア用品、モイスレガートを入れると、ゆるやかに湿度が最適の水準に維持されます。さらに、銀メッキのキィやリガチャーの変色を防ぐ「Cガード」を入れると汚れがつきにくくなります。
 
おすすめアイテム 基本  
こだわり 「モイスレガート(クラリネット用)」「Cガード(クラリネット用)」

ページの先頭へ

楽器が割れてしまったら…

楽器が割れてしまったら…

水分除去が不足していたり、新品の楽器でお手入れが行き届かない場合は、「割れ」を起こすことがあります。
割れに気付いたら、すぐに演奏を停止し、極力早めに専門のリペアマンに見てもらってください。そのまま演奏すると、徐々に大きくなり、修理費用も高額になりますので、お気をつけください。

ページの先頭へ