ビュッフェ・クランポン・ベッソン・ヤマハ他 管楽器専門店永江楽器

  • 店舗のご案内
  • わからないことはお気軽に お問い合わせフォームへ

サポート・保証・修理

お買物ヘルプ

お手入れ方法

クラリネット フルート
サックス オーボエ
トランペット トロンボーン
ホルン
  • 選定者の紹介
  • セール・イベント情報
  • 演奏会のお知らせ
  • 永江楽器MAIL MAGAZINE ご登録はこちら
  • 丁寧な検品、安全な梱包
  • facebook
  • ツイッターもよろしくお願いします!入荷情報もいちはやくご紹介します。
  • Instagram
  • 永江楽器スタッフブログ
  • 新入荷&おすすめ品

Shop Bell ウェブショップの入り口に

トップページ > お手入れ方法:トランペット

お手入れ方法〜トランペット

トランペットのお手入れを『マウスピース』『管内清掃(抜差管)』『ピストン』『楽器全体』の4つの部分に分けてご紹介します。

マウスピース管内清掃(抜差管)ピストン楽器全体

《マウスピースのお手入れ》 毎日のお手入れ

共通アイテム

基本アイテム

こだわりアイテム


1.マウスピースを洗いましょう
1.マウスピースを洗いましょう
マウスピース水洗いして下さい。マウスピースブラシを使って、シャンク内の汚れを落とします。

2.水分を拭き取りましょう
1.マウスピースを洗いましょう
洗い終わったらガーゼでやさしく拭いて、スワブを通します。水分をよく拭き取ったら、マウスピース用ポーチに収納しましょう。

3.洗い流すことができない時は…
マウスピースクリーナーを直接スプレーし、拭き取って汚れを落としましょう。

ページの先頭へ

《管内清掃(抜差管のお手入れ) 》 毎日のお手入れと週に1回のお手入れ

共通アイテム

基本アイテム

こだわりアイテム

1.管内の水分を除去しましょう
演奏後は、抜き差し管を外して水を抜いて下さい。
週に1回程度、丁寧に管内のお掃除をしましょう。

ピストンと抜き差し管を分解し、安全な場所に置いて下さい。ピストンキャップも間違えないよう順番に並べます。



2.抜差管にスワブを通しましょう
「ヤマハ クリーニングスワブ トランペット用」を使い、マウスパイプや抜差管の水分を入念に拭き取ります。



3.本体側の抜き差し管をお手入れしましょう
クリーニングロッドにガーゼを巻きます。

本体側の抜き差し管を掃除します。 1番管、2番管、3番管、すべて行って下さい。

時間に余裕があれば、楽器を分解した状態で、まるごと洗ってしまうのもオススメ。
「レカ トランペットクリーニングセット」や「レカ DES 金管楽器洗浄液」を使いましょう。クリーニングセットは、マウスパイプ用や抜差管用の掃除スポンジが入っており便利です。洗浄液には消毒効果もあるので、いつも清潔な状態に保てます。

お願い

水分をそのまま放置すると、管内に汚れが蓄積されることになり衛生的にも良くありません。また、錆びてしまったり、カビが生えたりしててしまうので、入念に水分を取り除いてください。

4.オイルを注しましょう
管内の清掃をした後は、水分をよく拭き取り、よく乾燥させてからオイルを塗ります。

第1抜き差し管、第3抜き差し管にチューニングスライドオイルを注油します。
2番管とメインチューニング管には、スライドグリスを塗って楽器本体へ装着します。スライドグリスを塗ったら指で馴染ませ、管を差し込んだ後、余分なグリスはティッシュやガーゼで拭き取りましょう。

ページの先頭へ

《ピストン部分のお手入れ》 週に1・2回のお手入れ

基本アイテム

こだわりアイテム

1.楽器の水分を除去しましょう
まず楽器本体からピストン部分を外し、水分を取り除いてください。

2.ピストン内部の水分も除去しましょう
本体側のピストン内部もクリーニングロッドとポリシングガーゼを使って同じように水分を取り除きます。

3.ピストンにバルブオイルを注油しましょう
水分を取り除いた後にピストンにバルブオイルを数滴注油します。

4.ピストンを動かしてオイルを馴染ませましょう
注油し終わったらピストンを戻し、少しだけ回して「カチッ」と固定されるのを確認して下さい。それからピストンを動かしてオイルを馴染ませます。

※ピストン部分は金属同志が摩擦している箇所です。その摩擦を少しでも軽減させるため、数多くのメーカーから多種類のオイルが発売されています。永江楽器がお勧めするこだわりアイテムをどうぞ参考にしてください。

注意

ピストンは、マウスピース側から1番、2番、3番の順に並んでいます。外した後、違う場所に入れないようご注意下さい。 それそれ番号が刻印されているので、確認してから入れましょう。

また、ピストンの方向を間違えると、息が入らなくなってしまいます。外すときに、番号の向きも一緒に確認しておくとよいでしょう。

ページの先頭へ

《楽器全体のお手入れ》毎日のお手入れ

基本アイテム

こだわりアイテム

1.楽器本体を磨き上げましょう
最後に楽器本体の磨き上げです。購入して比較的新しい楽器の場合、指紋や汗を拭き取る程度で大丈夫ですが、長年使用されている楽器はもうひと手間かけましょう。

■「比較的新しい楽器」の場合

ポリシングクロスで楽器表面の指紋・汗・ホコリ等を落とすだけでお手入れOK。もっとこだわりたい方は、繰り返し水洗いしても洗浄効果が持続する「BG ケアクロス A62」や「東レ 楽器クリーナー トレシー L」等をお勧めします。
クロスだけでは落とせない汚れはシルバーポリッシュやラッカーポリッシュを使って落としましょう

■「古い楽器」の場合

長年使用されている楽器の場合、こびりついた汗やオイル汚れなどで表面の輝きが失われてきます。そのときにお勧めするアイテムが「ロンディーノ ツヤだしフォーム」です。楽器表面の汚れを除去し、長期間に渡って表面を保護します。研磨剤が入っていないため、ラッカー・銀メッキ・金メッキの楽器にお使いいただけます。 指紋なども落ちやすくなりますので、変色が気になる方へ特にお薦めします。

ページの先頭へ